ntsk

Arch LinuxでNord VPNを設定する

August 03, 2022

下記、サポートにはArchのチュートリアルがないが、AURからインストールして設定が可能。

https://support.nordvpn.com/FAQ/Setup-tutorials/1182453582/Installing-and-using-NordVPN-on-Linux.htm

基本的に、CLIの操作は他のディストリビューションと違いがないが細かい部分でハマったのでメモ。
※NordVPNを購入し、ブラウザなどでログインはできるようになっている前提。

ひとまず、VPN接続前後でグローバルipアドレスがちゃんと変わっていることを確認したいので、curl inet-ip.infocurl ifconfig.me を叩いて現在のipアドレスを確認する。おそらく契約しているプロバイダのipアドレスが表示されるはず。

nordvpn-binをAURからインストールする。
yayを利用している場合はyayで入れると良いと思うが、自分の場合は素朴にcloneして makepkg -spacman -U でインストールしている。

git clone https://aur.archlinux.org/nordvpn-bin.git
cd nordvpn-bin
makepkg -s
sudo pacman -U nordvpn-bin-3.14.2-1-x86_64.pkg.tar.zst

インストールできたら nordvpn login を行いたいが、サービスが立ち上がっていないと失敗するので立ち上げる。

sudo systemctl enable nordvpnd.service 

Created symlink /etc/systemd/system/default.target.wants/nordvpnd.service → /usr/lib/systemd/system/nordvpnd.service.
sudo systemctl start nordvpnd.service

サービスを起動したら nordvpn login を試みる。

sudo nordvpn login
Continue in the browser: https://napps-1.com/v1/users/oauth/login-redirect?attempt=XXXXX

Continue in the browser: ~ のリンクからブラウザで認証する。しかし認証してもこのままでは何も起きず、別途結果を受け取る必要がある。

ブラウザで認証すると続行ボタンが表示される(2022年8月現在) ので、この遷移先URLをコピーする。

nord

nordvpn:// のスキームになっていれば目的のURL。 URLが取得できたら、—callback オプションをつけてURLを渡しつつログインを試みる。

sudo nordvpn login --callback "nordvpn://login?action=login&exchange_token=XXXXX"
Welcome to NordVPN! You can now connect to VPN by using 'nordvpn connect'.

無事にログインできたら、nordvpn account でログイン状況、nordvpn status でVPN接続状況が確認できるので、実行してみると良い。 ログインできていること、VPN接続ができていないことが確認できたら nordvpn connect を実行する。引数指定すると特定の国のVPNに接続できる。指定しない場合にはおすすめに接続される。

特定の国を指定する場合には、nordvpn connect <国> <都市> のようにして指定できる。 指定できる国や都市は、nordvpn countries や、nordvpn cities <国> を実行することで知ることができる。

接続できたら最後にもう一度グローバルipを確認し、VPNのアドレスに変更されていればOK。 初回設定時に Whoops! We couldn't connect you to ~ となり接続できないケースがあったが、PCを再起動したところ接続できるようになった。


© 2020-2022 ntsk.